« 祭囃子が聞こえる | メイン | カレーキャベツのホットドッグ »

2010年4月28日 (水)

北向地蔵(きたむきじぞう)

市役所前をずーっと北に走っている神戸のメインストリート、フラワーロードの一本西にある、北向きの一方通行の広い道、北野坂通りをちょこっと左に折れた所にお地蔵さんが祀ってあります。

その名も「北向地蔵(きたむきじぞう)」。その名のとおり北を向いています。ビルの一角に組み込まれているような佇まいに、元々そこにあったものが区画整理とか、ビルの建築でその場所に移動して北向きになったからそんな名前になったのかな?なんて思っていたら、元々北向地蔵というお名前でちゃんと言い伝えもあったのです。

昔、大雨が降ってこの辺りを流れていた生田川が氾濫して、村人達が必死で川の決壊を食い止めようと頑張ったのですがどうにもならず、力尽き果てて、諦めて番小屋で眠ってしまい、朝起きると大木が決壊しそうになった場所をふさいで生田川の決壊を食い止めていたのだそうです。そしてそこには北向地蔵が。村人はお地蔵さんのお陰と、大変感謝してそれまで以上に手厚く祀ったそうです。

この北向地蔵さん、場所柄か、きれいなママさんや料理屋の女将さん風の方が手を合わせていらっしゃる姿をよくお見かけします。

夏には地蔵盆があって、お菓子がいっぱい供えられ子供達に振舞われるのですよ。

2010042815560001

ビルの一角に納められた北向地蔵さん。
写真を撮っていると通りかかった男性に「昔、この辺りいったいは競馬場だったんだよ」と話し掛けられました。
ええー?そんな話もあるんだ。歴史って深いんですね。もっと詳しくお聞きしたかったです。

※咲咲は5月4日まで休まず営業いたします。5月5日にお休みを頂きます。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。