« 断捨離って… | メイン | 地震・2 »

2011年3月12日 (土)

地震

のんびりと出勤準備をしていましたら電話が鳴り、電話を取った父が何だか緊迫した雰囲気で返事をしています。

東京の娘から地震があって電話が通じなくなりそうだけれど無事だから心配しないで、というものでした。

電話はそのまま切れました。

えー?っと驚いてテレビを付けると宮城県の様子が流れています。

隣のテレビでは煙を上げている東京の風景も写し出されています。

まだ、地震の直後で今から起こる被害や混乱の嵐の前の静けさを感じる不気味さでした。

神戸の人間としては忘れる事の出来ない恐ろしい風景。

津波の情報がどんどん送られています。あのときは火災が神戸の街を焼きつくしましたが、ここでは津波の恐怖が…。

あの時の私は停電でテレビが写らず、今自分の周りで起こっている事しかわかりませんでした。

いま、テレビに写し出された映像を見てはらはらしながらも手が出せない自分がいます。

あの時と反対側に自分がいるのですね。

案の定、娘とはその後全く連絡が取れず、友人を通じて「無事だけどメール・電話が通じない」と情報が入ります。

夜になってからやっと電話が入り、声が聞けてほっと落ち着きました。

仕事のお仲間と会社の会議室に避難しているらしく、横から笑い声も聞こえてくるくらいなので、心強くしているようすで、ホッとしました。

こちらがこれほど心配しているのがピンと来ていない様子です。

深夜になって、さすがに疲れた声で電車の開通を待って家に帰る、電車待ち!と言っていました。

それはそれでまた心配、情報が入らないのが一番不安です。

その後も各地の被害の酷さがどんどんラジオで流され、胸が痛みます。

深夜、東京在住の友達と電話が通じてお店はどう?と聞かれ「それが凄く忙しかったの」と言うと「ええ?!」と絶句して「それが被災ってことね、あの時と同じ…」と。

彼女も神戸の地震を経験しています。

あの時も真っ黒に煤けて水汲みや食料の調達に走り回っていた時期に電車を乗り継いでやっと辿りついた大阪で、ハイヒールにミニスカートのきれいな女性やパチンコ店のネオン、楽しく語り合っているオープンカフェのカップルを見て愕然としたのを覚えています。

ここはどこ?と狐につままれた気分でした。

武庫川を一本超えただけで、今までの日常がそこにあったのです。

あの時は大阪で神戸から来た人ははっきりわかりました。

防寒服にリュック、疲れた、または緊張の解けない目つき。背中に大きな大きな思いを背負っていました。

被災地の中と外、天国と地獄ほどの差があります。

いろんな事が蘇り、今、まさにそれに遭遇されている方に胸が痛みます。

余震と言えないくらいの大きな揺れが明け方まだ続いているうえ、明け方、新潟でまた地震が起こったみたい。なんて事でしょう!

どうか早くおさまって多くの方がご無事でありますように。

心から祈っています。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。