« 東北のお酒で… | メイン | 心模様 »

2011年3月24日 (木)

スイーツ男子

バレンタインデーに彼女から手作りチョコレートケーキを貰ってニコニコだったスタッフの平尾君に、お返しにホワイトデーにクッキーを焼いてあげたら~?とお節介を焼きました。

めちゃくちゃ簡単で、しかもおいしいクッキーがあるのです。

プレゼントに添えて、男子に手作りクッキーを手渡されたら、彼女はびっくり!、大受け間違いなしよ、と。

最初腰が引けていた平尾君、「簡単ですか?」とだんだんその気になって来たようです。

材料を混ぜるだけなので初心者向きで、私も子供の頃初めて作って美味しさに感動!

自分でもお菓子が焼けるんだ!と嬉しかったクッキーです。

ただ、焼き時間を覚えてなくて、最近作ってみてまだ完璧満足は出来ていないのですが、平尾君の「手作り」なら、そこは愛の力できっと彼女も許してくれるでしょう。

まあ、そこまで私がお節介する事も無いのですが。

アルバイトの日、早めに来て開店前の厨房で焼く事にしました。

あんまり手伝い過ぎても「手作り」と自慢できないので、材料だけを用意してあげる事に。

あら、まるで過保護ママですね。

平尾君は本当に素直にまっすぐ育った感じの少年と言うか青年と言うか、咲咲の先輩スタッフのお姉さまたちにもとっても受けがいいのです。

実際にお姉さんがいるらしいのできっと「弟」ムードが出ているのでしょうね。

さて、やってきた平尾君。手をきれいに洗ってエプロンを掛けてスタンバイです。

バター(110g)を室温に戻して砂糖(130g)を加えすり混ぜます。

そんなに力を入れて泡立て器を押し付けたら、ボウルが擦り切れて穴があくよー、もっと優しく。

溶いた卵(1個)を少しづつ加えます。

一緒に振るった小麦粉(200g)とベーキングパウダー(小さじ4分の1)を加え、ゴムべらでかき混ぜます。

そーっと、そーっと、粉が飛び散らないようにゴムべらを入れて切るようにかき混ぜます。

あれー?何だか随分粘りが出たねー、タネが重いぞー!こね過ぎたー?

バニラオイルを少々入れる。

チョコレートチップ(150g)とアーモンド(40g)を入れて混ぜ、スプーン2本で小さくまとめて、オーブンシートを敷いた天板に並べ、温めたオーブンに。

本当はアーモンドでなくてクルミなのですが、調達できなかったので。

後は一番心配な焼き時間です。

最近いつも焼き過ぎて固くなっているので少し早めに出しましょう。

うーん、オーブンからいい匂いが!

いいやん、いいやん、いい感じ!上手くいきそう。

ザルの上で冷まして、私と板長も幸せのお裾分け、試食させてもらいます。

うん、焼き時間ちょうどいいかも!美味しい!

180度で25分、しばらくこれで行きましょう。

しっかり冷ましたらサクッともっと美味しくなりました。アーモンドの存在感が無いのでやはりレシピ通りクルミが正解かも。次回はクルミで。

その日、アルバイトが終わったその足で実家の滋賀に帰るらしい平尾君。

それならお母さんにもお土産にとたっぷり袋に。

後は形のきれいなのを選んで素敵にラッピングしてホワイトデーのプレゼントに添えてね、と送り出しました。

後日、反応を聞くとお母さんがとっても喜んでくれたとか。

やはり私は母の気持ちに近いようです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。